日本公認会計士協会 東海会

公認会計士とは

公認会計士の社会貢献

経済社会を支える公認会計士。
その役割はますます重要になっています。

公認会計士法第1条の「公認会計士の使命」において公認会計士の使命が謳われています。

公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。

公認会計士法第1条

社会の健全な発展に貢献し続ける経済経営のスペシャリスト。
それが公認会計士です。

独立した立場で財務情報の信頼性を確保します。

急激な経済の変化とIT(インフォメーションテクノロジー)社会の発展、そして会計ビッグバンと呼ばれるほどの企業会計の革新が進むなか、公認会計士の社会的責任はますます重要なものとなっています。

公認会計士は、企業はもちろんのこと地方公共団体、独立行政法人、学校法人等の幅広い対象についての会計監査をはじめ、税務に関する指導・助言経営、全般にわたるアドバイスを通じて、健全な経済活動の維持と発展に貢献しています。

企業は、ディスクロージャー制度によって、その財務内容を株主、投資家に公開することが義務付けられていますが、それが適正なものであるかどうかを判断するには、独立した第三者による証明が必要となります。

公認会計士は、会計及び経営に関する専門知識と豊富な経験を活かして、企業が作成した投資家などに公開する財務諸表の監査を行い、内容の適正性についての意見を表明し、その情報の透明性を担保することで企業の社会的信用を高めるためのサポートを行います。

企業や地域に密着した緻密な活動、企業のクロスボーダーか、国際的な会計基準への対応に伴う会計のグローバルスタンダード家など、経済社会の発展に不可欠ともいえる公認会計士の多彩な活動は、現在社会のあらゆる面で支える重要な役割を担っています。