日本公認会計士協会 東海会

公認会計士とは

公認会計士の業務内容

専門知識と豊富な経験のもとに、監査から経営全般にいたるまで公認会計士の活躍フィールドは多彩です。

公認会計士は、監査、会計の専門家として、独立した立場において行う「監査証明」を主たる業務とし、「会計、「税務」、「マネジメント・コンサルティングサービス(MCS)」の業務を行っています。

さらに、その知識の豊富さと社会的役割の重要性から、活躍するフィールドはますます拡大しています。

地方公共団体の監査委員、ならびに外部監査人、各県庁の審議会委員、商工会議所のアドバイザーなどの公共な業務も行っています。

また、公認会計士は、税理士となる資格を有し、税理士登録を行うことにより、税理士業務を行うことが可能です。

IT化をはじめとして、刻々と変化し発展を続ける経済社会のなかで、企業を取り巻く環境も変化していますが、専門的知識と確かな分析力と判断力を持つ公認会計士は、こうした経済変化の動向を的確に捉え、指導・助言を行います。

平成18年に施工された会社法により会計参与になる資格を有し、会社の役員としても期待されています。

監査

CPAだけに認められた業務で、企業等の決算書が正しく作成されているかなどについて、第三者の立場からチェックします。大きく、法律などに基づく監査、任意監査、国際的な監査があり、透明性のある社会・経済を築くために、非常に重要な仕事です。

税務

CPAは税理士になることが出来ます。企業・個人の税務書類の作成や税務相談、またM&Aや国際税務など幅広い知識を活かして、指導やアドバイスを行います。

コンサルティング

経営戦略の立案から組織再編、情報システムの構築、企業再生計画の策定、株式公開に関するトータルサポートなど経営全般にわたる指導やアドバイスを行います。まさに企業を動かす力になる仕事です。